8月19日(月)「サイエンスカフェ 水のふるさと琵琶湖へ行こう」を開催しました。

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 16:11
8月19日(月)「サイエンスカフェ 水のふるさと琵琶湖へ行こう」を開催しました。

サイエンスカフェ2日目はみんなで琵琶湖を訪れ、シジミ採りの体験や漁師さんのお話を聞くことで、私達の生活がどのように水環境に影響を与えているかを体感します。

朝は市役所に集合。


家族の方に見送られて、マイクロバスで出発!


途中の道路で渋滞があり、予定よりも少し遅れて現地へ到着しました。

着いたら早速しじみ採りです。水の中に入り、手を伸ばして砂の中にいるシジミを探します。


採ったシジミはネットに入れます。中には泳いでしまい、全身びしょぬれの子も..


昔は自然にたくさんのシジミが採れたそうですが、今回は漁師さんが事前に用意してくれた区画の中でシジミ採りをしました。






シジミ採りが終わったら、お昼ごはん。

現地の方が用意してくれた、手作りのお弁当とシジミ汁。
お弁当は、ビワマスの炊き込みごはんに、あゆの天ぷら、エビ豆など、琵琶湖の恵みがいっぱい。

琵琶湖の魚も昔に比べたら採れる量が減ってしまい、滋賀県の人でもなかなか食べる機会がない、滋賀県の郷土料理です。





シジミ汁がとってもおいしくて、何回もおかわりをしている子ども達もいました。


お昼からは、漁師の松沢さんのお話を聞きます。

琵琶湖の大きさや昔の様子、今日採ったシジミのこと、そして琵琶湖を守るためには、琵琶湖に流れ込む川や川になる前の山の環境を守ることが大切ということも教えていただきました。


お昼ごはんを食べた後で疲れてくる時間ですが、みんなしっかりとお話を聞いていました。


松沢さんのお話を聞いた後は、バスに乗り込み、豊中へ戻ります。

シジミ採りの体験や松沢さんのお話を聞いて、どんなことを感じてくれたのでしょうか。

蛇口をひねれば当たり前のように出て来るきれいな水。

どのように使うか、どうやって守っていくか、自分たちにできることは何か。
これからの生活に少しでも変化があれば嬉しいです。

≪参加者の感想≫

・しじみ採りができて良かった。水が温かくて気持ちよかった。

・昔の琵琶湖は水をそのまま飲めるくらいきれいだったこと、
 しじみがもっとたくさんいた事などを聞いてびっくりしました。

・友達や家族に、今日知ったことを伝えて水を大切にするということを
 意識して水を使いたい。

・昔の琵琶湖に戻せるように少しでも努力しようと思いました。

・琵琶湖の水は私達も使っているので、他人事のようにするのではなく、
 きれいにするようにしていきたい。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 5月20日(水)に新聞紙でエコバッグ作りを庄内公民館で開催しました
    たい (06/17)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM