11月29日(木)「サイエンスカフェ ナチュラル素材で大掃除」を開催しました。

  • 2018.11.30 Friday
  • 15:42
11月29日(木)「サイエンスカフェ ナチュラル素材で大掃除」を開催しました。

講師は、Wakkaの黒河内さんと清水さん。

一時保育つきの講座だったこともあり、
11名の参加者のうち、半数以上は小さなお子様連れでのご参加でした。


Wakkaとは、アイヌ語で「飲める水」という意味なんですよ〜!という導入からスタートし、

前半は、「石けんの歴史や合成洗剤との違い」などについて
実験を交えてのお話がありました。

石けんや合成洗剤の成分表示を熱心に確認する参加者のみなさん。



石けんの表示は、「純せっけん分」や「水、カリ石けん素地」などシンプルなのに対し、
合成洗剤には、水に溶けやすくするための添加物や香料などがたくさん書かれていました。


続いて、試験管を使った実験。
水・塩水に油と石けん、合成洗剤をそれぞれ入れると・・・?



石けんがカラダによいことを確認した後は、
いよいよお掃除についての具体的なお話やアイテムの紹介がありました。





ナチュラルな、身体にも環境にもよい素材でも、気になる汚れがスッキリとれるんだそうです!

Q.おススメのカビ取り法は?
Q.子どもの食べ残しの掃除方法は?
Q.生活の中で、リズムよく掃除をするには??等

後半は、参加者からの質問に答えて頂きながら、「お掃除の悩み」を一緒に解決していきました。

その後は、お茶とお菓子で休憩タイム。
その時間も、講師の先生への質問が飛び交う熱心な参加者のみなさんでした。


私たちが石けんや洗剤を使って掃除や洗濯をした後の水は、巡りめぐって再び私たちの元へ帰ってきます。子ども達のためにもできるだけ安心なものを使っていきたいですね。

無理なく続けていくために、できるところから楽しく実践していきたいな、と感じた講座でした。


≪参加者の声≫

・たくさんの種類の洗剤があり、何をどれに使っていいのか分からなかったので具体的に教えていただき、良かったです。早速やってみようと思います。

・本や雑誌の特集で知識はありましたが、実物を見て実践されている方のお話を伺えて、モチベーション上がったと思います。

・知りたかった情報を直接聞くことができて、とても勉強になりました。

・実験が分かりやすく、ずっとナゾだった、“石けんは(魚や微生物の)エサになる”の理屈が分かったのでうれしい。

・環境問題をより身近に感じることができた。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 5月20日(水)に新聞紙でエコバッグ作りを庄内公民館で開催しました
    たい (06/17)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM