12月3日(日)、ファンクラブ交流会を開催しました。

  • 2017.12.07 Thursday
  • 18:22
センターでは、年に一度、環境「ファンクラブ交流会」を開催しています。
今年のファンクラブ交流会は、前半で宝探しゲームを開催。
後半の懇親会では、みんなでジュニアポイントカードのリニューアルについて考えました!

まずは宝さがしゲーム。
ファンクラブメンバーは三田九郎博士からの依頼をうけて、
センター内に隠されたお宝を探すことになりました!

まずは宝の門番からアイテムの地図をもらうための謎解き。
いずれも生きものの名前が隠れているようです。
すべての謎をとくと、門番に伝える合言葉が出現!





アイテムの地図を手にしたチームは、
館内の宝箱とスペシャルポイントカードのポイントを集める旅に!



地図の宝箱を次々あけると次の指令が!

class="pict" />

隠れ宝箱のアイテムを賭けて、ギャンブラーとのナインタイル対決。
勝利者には伝説のアイテムが与えられます。



伝説のアイテムと交換に、最後のてがかりを示す暗号の地図をゲット。
いよいよ最後の問題。
展示のタイル画のいきものの数が宝を開く暗号になっています。



最初にクリアしたチームはチームナミでした!
わずかな差でチームルフィが2位に。
ゲームをクリアした2チームには、三田博士よりお礼の景品がありました。



ここで、いったん休憩。休憩の後は、懇親会。
今日は子どもチームと大人チームに分かれて、
「ジュニアポイントカード」のリニューアルについてのアイデア出しをしてもらいました。

話すポイントは3つ。
ポイントのため方、景品、カードのデザインについて。






まずは子どもチームの発表。
どんな行動でポイントがたまるといいかな?
「図書をかりる」
「リサイクル工作」
「使わなくなったおもちゃの寄付」
「着なくなったおもちゃの寄付」

それじゃあ、景品は??
「キャラクターシール!」
「リサイクル用品」
「エコマークの文房具」

たくさんのアイデアがでました。
表紙のデザインのアイデアも考えてくれました。


次は大人チーム。
来館ポイント、ゲームやイベント参加、豊中市についてのまなびなどのアイデアが出ました。
中には不用品に関するアイデアも。
「たまったポイントを使って、バザーのときに交換できるしくみを考えました」


このアイデアには、スタッフも、スゴイスゴイ!と感心しきり。
ポイントカードのデザインについては、
子どもが忘れないことが第一だから、センターに保管してほしいとの声が多数に!

このように沢山のアイデアが出た懇親会。
出たアイデアはポイントカードの更新や、今後の施設運営に活かします。

最後はみんなで記念撮影!
例年より、参加は少なかったけれど、みんなで大笑いした交流会でした。

ご参加いただいたファンクラブメンバーの皆さま。ありがとうございました。
今後とも、センターを育む仲間として、どうぞよろしくお願いいたします。


コメント
コメントする