世界・自然・豊中を学ぼう!ぴったんこ隊2016後期★第5回「ぴったんこ隊楽校」を実施しました

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 18:01
3月12日(日)2016年度後期最後のぴったんこ隊を実施しました。
今日はぴったんこ隊員自身が作るぴったんこ隊です。
プログラムは、子どもたちがぴったんこ隊で、
知ったこと、感じたことを先生になって、大人たちに伝えること。
ぴったんこ隊楽校なので、形は何でもOK。ただし、みんなで考え、
話合って、みんなで決めて、役割をみんなで決めてすることが条件です。

まずは、1〜4回でどんなことをしたかな、どんなことが印象に残っている?
写真で振り返っていきます。休んだ子は参加した子から、どんなことを
したか聞いてね。

子どもにとって、5か月前は遠い昔。でも、写真を見ながら、
段々と思いだしてきました。
大学生リーダーも全部に参加している訳ではないので、
「どんなことしたの?」と子どもたちに教えてもらいます。



さぁ、じっくり思い出した後は、何をどのように伝えるか話合いです。
前回のぴったんこ隊でも話し合ったけど、
1ヵ月経つと気が変わっている班、1ヵ月前の話合いをもとに
家から人形を作って来た子もいます。

  

写真や人形、地図など、1〜4回までに使った色々な教材は自由に使ってよし。
文具や画用紙、段ボールも自由に使ってよし。
どうなるか本当にわからない今日のプログラム。
リーダーはあくまでサポート、子どもたちが始めないと
なにも始まりません。リーダーたちの子どもたちの気持ちを引き出す
声掛けもあって、段々と子どもたちの想像力と創造性に火がついてきました。

 

子ども達は細かいところまで手を抜きません。
写真や地図をそのまま使ってもいいのに、
そんなことはせず、自分たちでオリジナルの
ものをつくっていきます。
色にこだわったり、木に虫をつけたり、一生懸命です。
リーダーもスタッフも時間に間に合うかひやひやしながら、
でも、子ども達の学びの深さに驚きっぱなしです。



さあ、みんないよいよ時間がなくなってきたよ。
シナリオどうするの?ナレーションは誰?
恥ずかしいと言い出す班もありますが、
あくまで主役はぴったんこ隊の子どもたち。
「声に出すのが恥ずかしかったら、大きな字で書いてみたら?」
「絵で伝えたら?」
子ども達の主体性を促す声掛けを頑張る大学生リーダーたち。

今日のぴったんこ隊楽校はなんと保護者の人たちです。
楽校が始める時間が近づいてきました。
生徒たちが登校してきましたよ。
子どもたちに緊張が走ります。
それぞれ、別のお部屋で最終チェックです。

「さぁいよいよぴったんこ隊楽校の開校です。
先生方であるぴったんこ隊。
そして、生徒であるおうちの皆さん。
この5ヶ月ぴったんこ隊で知ったこと、
感じたことを隊員が生徒たちに伝えます。
わからないことは質問してもらってOKです。」

最初の班は、後期のテーマである「森」をテーマに
間伐についての授業を人形劇で表現します。
誰もナレーションをしたくないと言っていたのに、
ちゃんと役割を決めてしかも1番に発表です。

 

保護者の人もほほえましく見ていたその時、
「どうして間伐をするのでしょうか。」
突如、先生から生徒たちに質問が飛び出しました。

保護者気分で見ていた生徒たちは、
すぐには誰も反応できません。

ぴったんこ隊員の先生が、質問の答えを説明してくれます。
「木が生えすぎると、日の光が当たらなくなって、
森の元気がなくなってしまうから、このように木を切って、
日あたりをよくします。これを間伐と言います」

先生になることが初めてのぴったんこ隊員ですが、
しっかりと教案を作ってきています。
しかも、リーダーたちが考えたのではなく、
子どもたちが自分たちで学んだことを
文章にしています。

次の班も人形劇で森の話をします。
森の動物たちと人間の子どもが
それぞれ質問を出し合います。

森の話は森の動物たちが答えてくれます。
生活の話は人間の子どもが答えます。
シナリオもかなり凝って作られています。
パーム油の話など、世界の森が
減っている現状も人形劇で伝えてくれました。
くまさんは、どんどん森がなくなっているので、
「くまった、くまった、くまったなぁ〜♪」
難しい内容の中にも、ちょっとした面白さを入れていました。

 

次の班は人形劇でも、場面転換が入る人形劇です。
図書室に行った子どもが、本に吸い込まれて、
森や世界を旅する話です。
世界の森がどうなっているのか、
戦争と森のつながりなどもきちんと
お話してくれました。

  

最後の班は立体的な木を作って、
間伐の様子を見せてくれました。
この班は言葉よりも絵で伝えています。
木はいすや机などの家具や、お箸などの生活用品、
家や囲炉裏の薪にも使われています。
みんなで木が使われているものを
色々さがしましたね。

  


発表という形だけが授業ではありません。
本当は子どもたちが作った絵やシナリオも
じっくり見てもらいたかったです。
1つ1つにぴったんこ隊の子たちの学びが
表現されていました。

隊員によっては、作った教材を
お家に持って帰って、何度も授業をしているらしいです。



最後のパスポートの記入です。
このぴったんこ隊で感じたことが、
みんなの中に小さくでも残って、
いつか色んな形で芽を出してもらえたら
うれしいです。

ぴったんこ隊は今回の期で終了することになりました。
協力してくれたGECS環境班の学生のみなさん、
参加してくれたみなさん。本当にありがとうございました。

持続可能な社会は築いていく仲間として、
いつかどこかでまた会えたらと思います。

2月25日(土)、ファンクラブ交流会を開催しました。

  • 2017.03.05 Sunday
  • 19:17
センターでは、年に一度、環境「ファンクラブ交流会」を開催しています。
今年のファンクラブ交流会は、前半でナゾ解きゲームを開催。
後半の懇親会では、みんなでセンターの企画を考えました!

まずは謎解きゲーム。
昨年の交流会に参加したメンバーはお馴染み!怪盗ナーゾの謎に挑戦します。

まず、会場にちらばったヒントを手掛かりに、謎を解いていきます。


6つの謎を解き、さすらいのギャンブラーとのサイコロ対決に勝利したチームは、
ファンクラブのジュニアメンバーと大人メンバーのポイントカードをゲット。


今日は特別使用で、スタンプを3つためると、何かいい事があるようです。
センターで貸出しているエコゲームや、図書、展示を使った謎解きも。
職員にとっても難しい謎ですが、さすが、そこはファンクラブメンバー!
みんなで力を合わせて、どんどん解いていきます。

いよいよ最後の問題。
さて、最初にクリアしたチームは???!


チームコナンでした!
チームコナンには、ナーゾの呪いが解けたお礼に、
職員から飴のプレゼントです。


ここで、いったん休憩です。
休憩の後は、懇親会。
今日は子どもチームと大人チームに分かれて、
「センターでやってみたい講座・イベント」について話し合いました。




まずは子どもチームの発表。
低学年のあかチームは「ゲーム大会」
まとあて、たまころがし、くじびきなどのゲーム大会!
景品は公園で、材料をさがして、ゆびあみなどをつくる!とのこと。
発表するのはちょっと緊張したけれど、みんな頑張りました。


きいろチームはとっても元気!
屋内のものとして、「絵コンテスト」、「百人一首&カルタ大会」、「昔の暮らしを体験しよう」
屋外のものとして、「魚のつかみどり」、「公園清掃」、「動物を育てる」など…
楽しい体験型のイベントをたくさん提案してくれました。
イベントの目的や開催方法など、具体的なこともしっかり考えられていました。


ピンクチームは「エコ川柳コンテスト」を考えました。
通年、豊中市でエコ川柳を募集し、センターで展示!
入賞した人には、環境配慮商品をプレゼント!という企画です。
グループのメンバーが考えた、エコ川柳も一緒に発表してくれました。


あおチームは「エコフェスタ」。
ヒーローショーや歌のステージを開催!
子どもが大好きなヒーロー。歌のお兄さん・お姉さん。
こんな人たちを入口にすれば、小さい子どもでも、
環境や防災に関心を持てるのでは!?という、素敵な企画でした。
子ども服の交換会、地元企業のブース出展など、大人も楽しめる内容の提案もありました!


みどりチームは「センターに泊まろう!野宿イベント」。
電気・ガスを使わずに、エコや防災について話し合おう!
という、おもしろイベントです。
電気を使わずに、懐中電灯などの明かりで生活。
ご飯は非常食をたべるということで、
災害時の避難生活の訓練にもなります!!


このようにいろんなアイデアが出た懇親会。
それぞれのグループで全然違うアイデアがでたことに驚きつつ、
みんな楽しく聞いていました。

最後はみんなで記念写真をとりました。

にっこり良い笑顔で、今年の交流会は締めくくられました。

ご参加いただいたファンクラブメンバーの皆さま。
謎解きを企画してくださったテクノナーゾさま。ありがとうございました。

今回は皆さまから沢山のご意見やアイデアを頂きました。
これらを今後のセンター運営に生かしていきたいと考えています。
今後とも、センターを育む仲間として、どうぞよろしくお願いいたします。

▼謎を企画してくださった、テクノナーゾさんのホームぺージ
:http://www.technonaazo.com/

世界・自然・豊中を学ぼう!ぴったんこ隊2016後期★第4回「世界の森を大冒険」を実施しました

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 16:40
2月12日(日)「世界の森を大冒険」を実施しました。
今回は久しぶりにeMIRAIE環境交流センターを会場にしたぴったんこ隊。
今日もリーダーたちの自己紹介から。もうみんなリーダーの名前は覚えたかな?



後期のぴったんこ隊のテーマは「森と生き物と私たちの暮し」。
テーマを元にいろんなことを体験、学んできました。
今日はそれに「世界の子どもたち」という視点を入れてみましょう。

と、その前に、みんなもう森のこと、だいぶわかって来たよね。
リーダーたちが森のクイズを作ってきました。
みんなできるかな?班で話あって、答えていきます。



Q.日本の森の木はすべて、切らずに自然のままにしておいたほうがよい。
○か×か。

Q日本にはたくさんの森があります。でもみんなが使っている木の半分以上は、
外国からきたものです。どうしてかな?その理由を選んでね。
1.日本の木が減っているから
2.日本の木よりも外国の木のほうが安く手に入るから

結構難しいですよね。ブログを読んだ人も
考えてみて下さいね。
ぴったんこ隊に全部参加している子たちには、
正解していましたよ。7問全問正解の班もあったかな。

楽しいクイズの後は、森に関係する9才の世界の子どもたち
エクアドルのエベリンちゃん
インドネシアのカリム君
シエラレオネのソロリス君
の3人のお話です。

エクアドルのエベリンちゃんの住む村の森は
生物多様な世界でも珍しい雲霧林。
でも、鉱山開発できれいな川が汚れて、
家畜が死んだり、川で遊んでいた子どもが皮膚病になったり…

インドネシアのカリム君は、昔は森にすんでいたけど、
作物が育たなくなって、町に出てきて、
ごみの山で空き缶やガラスをひろって
暮らしている…

シエラレオネのソロリス君はさらわれて兵士になった。
地雷の埋まった森を走らされることもある。
村を襲う時や戦いの前になるとこわがらないように
麻薬を注射される…



悲しい話、怖い話、みんなは絵を見ながら、
自分たちとはどう違うのかなと考えます。
じっくり話を聞いたぴったんこ隊のみんなは、
自分たちとどこが違うか問われると、お話で聞いたこと、
絵を見て気づいたこと、口々に答えていきます。



このお話、実は作り話じゃないんだよ。
実際にみんなと同じくらいの年齢の子たちが
森と関係して、今こんな生活しているんだよ。
それは、私たちとは違う遠い暮らしの話かな?

じゃあ、次は、そんな子どもたちと、
私達の身近な物と組み合わせる
ゲームをしてみましょう。
取り出したのは、「スマホ」「ダイアモンド」「ポテトチップス」のカードです。
どれもみんな知っているものです。

みんなで班に分かれて、
どの物がどの子と繋がっているか
話合います。





うーん。難しいなぁ。
このゲーム、当たらなくても、まずは今聞いた話と
自分たちの使っているもの、
知っているものがつながっていることを
想像してみることが大切です。

答え合わせと一緒に解説をしていきます。



エクアドルのエベリンちゃんと繋がっているのは、
「スマホ」です。
私達に身近なスマホやゲーム機、コンピューターなどを
小型化するにあたって、あまりとれない希少な金属である
レアメタルが使われています。
それに、銅線や様々な金属が必要になるので、
世界で鉱山開発がされています。
エベリンちゃんの村は、今、本当に開発されようとしていて、
村の人たちが森と暮らしを守ろうと反対しているところです。

インドネシアのカリム君とつながっているのは
「ポテトチップス」です。
ポテトチップスには植物油が使われていて、
それはアブラヤシからとれるパーム油です。
ポテトチップス以外にも、
カップラーメン、チョコレート、洗剤、石けん、化粧品…
たくさんのものにパーム油が使われていて、
そのためにカリム君の住んでいた近くの森を切って、
アブラヤシの大きな畑に変えてしまいました。
そうしたら、カリム君が住んでいた森の近くでも
作物が育たなくなってしまいました。

シエラレオネのソロリス君は、
「ダイアモンド」とつながっています。
ダイアモンドは日本では、結婚や記念日など
幸せな時に高価なプレゼントとしてあげることが
あるけれど、そのお金が戦争を長引かせる資金に
なっていることがあります。
戦争になると、森を壊したり、野生動物を食べたりします。
他にも子どもたちが安いお金で働かされている
ダイアモンド鉱山もあります。

たくさん写真を見せながら、人だけでなく、動物たちの話もいれて、
問いかけながら、解説をしました。
初めて聞く話、ショックな話、難しい話、びっくりする話。
どうだったかな?

その後、班ごとに、感じた事、自分たちができることを話合い、
話合った内容を班のリーダーが発表しました。




日本に生まれてよかったとか、何かを買ってはダメというのではなく、
「私たちが世界の一員で、ぴったんこ隊員は社会のために考えることができる」
そんなことを伝えたくて、このプログラムを実施しました。
わかりやすくて、すぐに行動に移せる内容ではないけれど、
世界や社会の矛盾や悲しみにアンテナをはれる人に育ってほしい、
そんな想いがこもっています。

さてさて、来月の最後のぴったんこ隊は?
「ぴったんこ隊楽校」と題して、
ぴったんこ隊のみんなに今までぴったんこ隊で知ったこと、
学んだこと、感じたことを、
ぴったんこ隊の子どもたちが先生になって、
大人や他の子たちに伝えてもらう回にします。

ぴったんこ隊は13時〜16時ですが、
15時から楽校の準備の様子と授業を見ることができます。
保護者の皆さんは、ぜひ、お誘いあわせの上、
子ども達の授業を聞きに来てください。

今回のプログラムは『もったいないばあさんと 考えよう 世界のこと』真珠 まりこ(絵・作) 講談社のお話と、実際に現地に行かれたことのあるエクアドル・インタグの鉱山開発を考える実行委員会の一井さん、ウータン・森と生活を考える会の石崎さんから情報や写真を提供していただきました。また、特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)製作の「スマホの真実 ― 紛争鉱物と環境破壊とのつながり」も参考にさせていただき、できるだけ、子ども達に実感をもった話ができるようにしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今回の内容は、小学校1〜4年生には少し難しい内容かもしれませんが、
私達はぴったんこ隊のみんなの力を信じ、プログラムを組み立てました。
大人の方も知らない内容がたくさん含まれています。
著作権や肖像権や現地の人を守るため、
ブログには詳細に書けない部分があります。

ぜひ、上記の書籍や映像資料、団体ホームページなどを参考に、
みなさんも今、世界の森で起こっていることを知っていただければと思います。

2月9日(木)、「着物地で作るうさぎのおひなさま」を開催します

  • 2017.01.31 Tuesday
  • 14:56
2月9日(木)、「着物地で作るうさぎのおひなさま」を開催します。



今回の講師は、そね21の会レディースさんです。
着物地をリサイクルして、小さなうさぎのお雛さまとお内裏さまをつくります。
皆さん、お誘いあわせの上、どうぞご参加ください。



*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

●リサイクル工作「着物地で作るうさぎのおひなさま」
・日 時:2月9日(木)13:00〜15:30
・講 師:そね21の会レディース
・定 員:17人+ファンクラブ枠3人(先着順)
・参加費:600円(材料費込み)
・持ち物:筆記用具、裁縫道具(針・糸(赤・白・黒)・ハサミ・ものさし)
・申込み:2月7日(火)締切

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

世界・自然・豊中を学ぼう!ぴったんこ隊2016後期★第3回「今と昔のくらしくらべっこ」を実施しました

  • 2017.01.27 Friday
  • 11:46
1月15日(日)「今と昔のくらしくらべっこ」を実施しました。
今回はぴったんこ隊で初めて日本民家集落博物館を
訪れました。

当日はなんと雪が降る、寒い日。
隊員たちも震え上がっているかなと思いきや、
寒いといいつつもみんな元気いっぱいです。



前回はわっぱるの森で整備(間伐)作業をしました。
みんなが切った木はどんなものに使えるのかな?
今日は、森から私たちがどんなものを
もらってきているのか、体験を通して
知るというのが目的です。
でも、今のくらしの中では
わかりにくいので、ちょっと昔にタイムスリップできる、
博物館にやってきました。

間伐した木は、
昔のくらしでは「薪」として、
囲炉裏に使われていました。

今回は、博物館と博物館ボランティアの
邨田(むらた)さんの協力で、
囲炉裏に火をつける体験と昔のくらしの
お話をお聞きします。

その前に、わっぱるの木は持って来られなかったので、
みんなで薪ひろいに出かけます。
乾いていないと火がつきにくいので、
雪で濡れていないものを選びます。



さっそく、邨田さんが昔のくらしを想像しようと、
家の扉を閉めて、電気を消しました。
「電気がなかったときのお家はこんな感じです。
 暗いですよね。だから、明るくするために、
 ろうそくをつけたり、囲炉裏に火をつけたり
 していました」
薪で火をつけるって、暖まるだけじゃなくて、
明るくしたり、料理をしたり、色んな意味があるんだね。





じゃあ、寒いので、みんなで囲炉裏の周りを囲みましょう。
いつものお家とは違うにおい。
いつものお家とは違う音。
煙もだんだん出てきました。



隊員たちも、松ぼっくりを入れて、
囲炉裏の火を大きくしていきます。

 

私たちが入ったお家はちょうど能勢のお家。
前回行ったわっぱるのある地域。
昔の写真を見ながら、前に行ったわっぱるの周りも
こんなだったのかなと想像します。
囲炉裏を使うので、家にすき間があいていること、
牛が家の中で飼われていること、
邨田さんから、色んなお話を聞きました。
隊員からも邨田さんに色々な質問や感想がでました。

次は班に分かれて、薪以外で、
木や竹が使われているくらしの物探しです。
博物館を巡りながら、どんなものに木や竹が使われているか、
ワークシートに書いていきます。
目標は20個以上。さあできるかな?

うーんどこにあるかな?



これも木や竹かな?
  


見つけた。



昔のお正月飾りが残る博物館の中を
1軒、1軒のぞいて行きます。

  

途中、雪も降り出しましたが、
隊員たちはへこたれません。
寒くなってきたし、早く見つけようと
より一層頑張る班も出てきました。



さあ、時間になったので、
みんなで暖かいお部屋で
ふりかえりです。
どんなものを見つけたかな。
1班ずつ、お気に入りの見つけたものを紹介した後、
見つけたものを全部、言ってもらいました。
わーこんなにたくさん。



私たちの知らない道具や聞いたことのない言葉も
たくさん飛び出しました。
じゃあ、みんなが見つけてくれたものの中で
今も木や竹で作られているものはどれか
班で話し合って考えます。

たくさん探してくれたけど、
今でも木や竹で作られているものは半分以下。
木で作られているものもあるけど、
よく見かけるのはプラスチックや鉄で作られているものも多くて、
木や竹でしか作られていないものはわずかでした。

今と昔のくらしは、大きく森の使い方が
変わってきたくらしかもしれません。

木という目で見てわかる形でないけれど、
今でも、私達は森から大切なものをもらっています。
それって何かわかるかな?
ジェスチャーゲームで答えてもらいました。

「水」をためて、流してくれる
「薬」の材料を森(植物)からもらう
「土砂崩れ」などの災害防止をしてくれる



私たちの命にかかわる大切なものを
くらしが変わった今でも森からもらっているんだね。

みんなで、森とくらしのつながりについて、
考えた後は、今日の感想や気づいたことを
パスポートに書いていきました。



寒い中でのぴったんこ隊でしたが、
次の「世界の森を大冒険」につながる、
いい体験や学びがあったぴったんこ隊でした。

日本民家集落博物館のみなさん、
ボランティアの邨田さん、
どうもありがとうございました。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 5月20日(水)に新聞紙でエコバッグ作りを庄内公民館で開催しました
    たい (06/17)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM