8月9日(日)サイエンスカフェを開催しました

  • 2020.08.10 Monday
  • 11:50
8月9日(日)に、サイエンスカフェ「ぐるぐるめぐる水 川や湖を守るためにできること」を開催しました。

ぐるぐるめぐる水。
私たちの生活と深く関わりのある「水」の循環について、科学の観点から学ぶ体験型の講座です。

※当初は、9日(日)に環境おもしろ実験、10日(月)に琵琶湖でシジミ採りをして漁師さんのお話を聞く
 という2日間のプログラムを予定しておりましたが、残念ながら新型コロナウイルス感染症の影響で
 シジミ採りが中止となったため、今回は1日目の「環境おもしろ実験」のみの開催となりました。


9日のテーマは「石けんと合成洗剤の違いを実験で確かめよう」ということで、
普段の生活で使っている「石けん」について、実験で楽しく学びました⭐

講師は昨年度に続き、Wakka(わっか)の黒河内繁美さんに来ていただきました。
「Wakka」とは、アイヌの言葉で「飲める水」という意味。
そして、水は「わっか」のように循環しているという意味が込められているそうです。



新型コロナウイルス感染症の影響で昨年度に比べると小規模ではありましたが
スタッフだけでなく参加者のみなさんにもコロナ対策にご協力をいただいたおかげで
無事に開催することができました^^

▼昨年度の様子はコチラ⭐
2019年度サイエンスカフェ


みなさんは「石けん」と「合成洗剤」の違い、わかりますか?
そして普段使っているものは「石けん」と「合成洗剤」のどちらなのか、ご存じですか?

石けんは、実は5000年以上も前から使われていて、昔は自然からとれる油と灰で作っていたそうです。
一方の合成洗剤は、約80年前にドイツで石油から作られたのが始まりだそうです。

参加者のみなさんに、おうちで何を使っているのかを伺ったところ
たくさんの種類の洗剤を挙げていただきましたが、そのうちのほとんどが「合成洗剤」でした。

石けんと合成洗剤を見分けるにはどうすれば良いかと言うと、
洗剤を買うとき、裏面に書かれている品名や成分を見ると「石けん」か「合成洗剤」かわかるようになっています💡
石けんは、「石けん素地」や「純石けん分」といった表記のものが多く、成分表示がシンプルなのが特徴です。
反対に、合成洗剤はいろんな成分がたくさん書かれているのが特徴です。

ご自身の使っている洗剤も見てみましょう⭐


さて、石けんと合成洗剤がどう違うのかを実験で確かめてみましょう!


試験管にお水と油を入れて振ってみます。
試験管を振るときは、立った状態で上の方を持つのがコツです♪

結果・・・いくら振っても水と油は混ざりませんでした。
油汚れは水では落ちないということですね。

次に、石けんと合成洗剤を入れてみます。


すると、なんと!さっきまで混ざらなかった水と油が混ざり、白く濁りました!


石けんや合成洗剤を使うと、油と水を混ぜてくれるのですね。

そして「水+油+石けん+塩」を入れたものは、底の方に“かたまり”ができていました。
石けんと汚れが混ざってできた“かたまり”は魚の餌になるとのこと。
つまり、川に流れても安心だと言えますね♪

一方、合成洗剤を入れた試験管には“かたまり”ができませんでした。
石けんは分解されて“かたまり”になり水はきれいになるのですが、
合成洗剤は分解されず水に残ったままなので、
もしその水がそのまま川に流れていたら魚たちは洗剤の中を泳ぐことになります。

実験を通して、同じ洗剤でも石けんと合成洗剤で
流したあとの水への影響が違うということを知っていただきました。


蛇口をひねれば飲める水が出てきて、使った水は流すだけという便利な生活を送っていますが
私たちが流した水は下水処理場に行ったあと、きれいにしてから川に流します。

下水処理場で水をきれいにするのは、微生物です。
なるべく微生物に負担をかけず、きれいな水を川へ流すために
普段の水の使い方、洗剤の使い方を考えていきましょう!

2月16日(日)ESDセミナー「ちゃんぷる屋台村」を開催しました。

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 15:58
2月16日(日)ESDセミナー「ちゃんぷる屋台村」を開催しました。

「ちゃんぷる屋台村」は、豊中で子どもたちの未来のために活動する
市民団体が環境や国際、まちづくり等の分野を越えて、豊中の未来の
子ども達のために、ごちゃまぜになって盛り上げるイベントです。

当日は雨模様だったにも関わらず、一般来場者者、出展団体のみなさん、
そして運営スタッフをあわせて総勢361名の参加があり、賑わいました。



大阪日日新聞にも取り上げられ、翌日の2月17日(月)に掲載されました。
掲載記事はこちら


★ちゃんぷるスタンプラリー
〜イベント会場内にある3つのクイズの答え2種類のスタンプを集め、景品と交換!〜

会場内を走り回ってクイズやスタンプを集めるこどもたちの姿が印象的でした。



2つのスタンプは、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の
4番「質の高い教育をみんなに」と12番「作る責任、使う責任」のロゴマーク。

3つのクイズは、2/4(火)にプレイベントとして開催した「ちゃんぷるカフェ」
の参加者の皆さんの「豊中の未来の子ども達に伝えたいメッセージ」を元に
考えたもの。こどもたちに知ってほしい豊中のことを3つクイズにしました。



景品は、出展団体のみなさまよりご提供頂きました。



3回目の開催となる今回は、「循環」がテーマ。3つの新しい試みを行いました。

★エトレ5Fすてっぷと6F国際交流センターに会場を拡大して実施

5Fすてっぷホールでは、主に飲食や物販のブースが並びました。
豊中産の無農薬お野菜や豊中で作られたこだわりのパン・おやつ、
そしてインドや韓国、ネパールの手作り雑貨やフリーマーケットコーナーなど。



5F視聴覚室では、プラスチックに関する最新のドキュメンタリー映画の上映と
プラスチックのリサイクル工作。もう1度映画をみたい!という方がおられる
くらい、引き付けられる内容だったようです。



6Fの廃材を活用した工作と展示のブースでは、出展者のみなさんと参加者の
みなさんが交流を深めながらじっくり体験に取り組んでいました。





25の出展団体のみなさんが工夫を凝らした出展をされていて、出展者同士の
つながりも生まれたようです。


★ステージで出展団体の思いを発信!

オープニングコンサートに始まり、循環をテーマにいろんな生き物が登場する
大型紙芝居「海と空の約束」の読み語り、参加者を巻き込む楽しいお話会、
野菜作りやパン作りの奥深い哲学、聞いている人が元気になるゴスペルコンサート、
そしてネパールの現地の様子と私たちのお買い物についてのお話。



どれも心に響くものばかりでした。

★マイボトル割引!等のごみを出さない工夫

今回、フェアトレードコーヒーやこどもたちがつくる国産無農薬レモンの
レモネードは、マイボトル割引や特典がありました。20人くらいの方が、
マイボトル持参で購入されたとのこと、嬉しい驚きでした。



その他、家庭で眠っているまだ使えるきれいな陶器を交換するコーナーにも
たくさんの陶器が集まってきたり、障害のある人を支援する「古本寄付ぽすと」
にも本が集まってきました。



今から10年後、2030年のまちや世界を動かしているのは、今の子どもたち。

年々深刻になる地球温暖化やプラスチックごみによる海の汚染など、
課題はたくさんありますが、日々の私たちの暮らしから変えていけることも
たくさんあります!



ちゃんぷる屋台村やスタンプラリーを通じて気づいたことから、
自分たちにできることをはじめてもらえたら嬉しいです。

★参加者の声(アンケートより)

(大人)
・子どもと一緒に楽しめた。
・あったかいふんいきでよかった。
・市内でこんな運動をしている団体が多くあるのに感動しました。


(こども)
・かわいいものがつくれた。
・環境を考えるきっかけになり勉強になりました。
・スタンプとクイズを見つけるのが楽しかった。

2019年1月20日(日)「親子ぐるぐるフェス」を開催しました

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 12:13
2020年1月19日(日)「親子ぐるぐるフェス」を開催しました😊

子どもの目線から3R(リデュース・リユース・リサイクル)、リペア(修理)、リメイクなど
「モノを大切にすることや暮らし方について考える」イベントです。

会場内のブースを「ぐるぐる」回りながら、
ものの「ぐるぐる」(資源の循環)について考えてほしい!
との想いから“親子ぐるぐるフェス”と名付けています。


親子ぐるぐるフェスは、今回で4回目。
今年度は7月に続き2回目の開催でしたが、
出店者を含めて274名の来場があり、前回よりも多くの方にご参加いただくことができました。


当日は公募で集まった小学生店長によるフリーマーケット「えこっ子フリマ」7店、
学用品や絵本のリユース、おもちゃ病院、リサイクル工作、絵本のおはなし会など
3Rと子どもの支援に関わる団体から8つのブース出店がありました。


「えこっ子フリマ」では、
小学生たちが使わなくなったおもちゃや文房具、衣類などがお店に並びました。


これまで遊んできたおもちゃや、たくさん着てきた服が、売り物になります。


ニワトリのイラストのついた「えこっ子カード」に
「学校へ入学したときに買ってもらいました」
「たくさんあそんだおもちゃなので、だいじにつかってください!」など、
次に使ってもらう人へのメッセージが、1つひとつ記されています。


次に使う人に、“ものを大事にする気持ち”も渡すことが、えこっ子フリマの醍醐味です。


「整理収納からもったいないゴミを減らす ufufu Osaka」による「絵本の交換会」では、
市民からの寄付で集まった子ども向けの絵本がずらり。


当日、おうちで眠っている絵本を持ってくると1冊〜5冊まで、持ってきた数と同じ数の
絵本と交換ができます。


このイベントを通じて250冊が新たな持ち主の手に渡りました♪


「おさがりの会」による制服・学用品のリユースコーナーでは、
まだ使える制服や通学カバン、文房具などが100円単位で提供され、
おさがり品が新しい持ち主の手に渡りました。


実はランドセルまで購入することができます。
“おさがり”もひとつのリユース。
使わなくなったけれど“おさがり”できるものって、意外とたくさんありますね。



とよなか市民環境会議アジェンダ21 企画屋本舗による「おはなし会 わにわに」は、
小さい子どもたちに大人気!


1回目は未就学のお子さん向け、2回目は小学3年生までのお子さん向けの内容でしたが、
どちらの回もみなさん真剣にお話を聞いていました^^


工作コーナーには3団体がブース出店。
いずれのブースも大人気で、子どもたちは廃材などを使った工作に熱中していました。


「とよなか市民環境会議アジェンダ21 生活部会」によるキラキラ☆万華鏡


鏡は使っていませんが、光に向けて覗いてみるとキラキラとした虹色が見える
不思議な万華鏡を作りました☆彡



「ツネユキタイル店」によるタイルにお絵描き


廃材のタイルも絵を描いてあげることで、壁掛けに生まれ変わることができました✿


「北摂手作りの会」による宝箱をつくろう!のコーナーでは、
空き箱に飾りをつけてオリジナルの宝箱を作りました!


キラキラ素材やふわふわ素材で、普通の空き箱が可愛く大変身!
中に入れるものはもちろんのこと、自分で作ったものだから箱自体も宝物になりますね♪



「おもちゃ病院」ではおもちゃドクターたちが壊れたおもちゃを一生懸命治療してくれました!


おもちゃドクターのおかげでまた遊べるようになったので、次はもっと大事に使ってもらえるといいですね。


「こどもれもねいどアンバサダー」では、子ども達が国産のレモンで作ったレモネードを販売☆


「レモネードはいかがですか〜!あたたかいですよ〜!」
「売れたお金は子どもホスピスに寄付します!」
と終わりの時間まで、元気よく、大きな声で呼びかけし続けていたのが印象的です。
終わったあとに感想を聞いてみると、
「たくさん売れたけど、もっといっぱい売りたかった!」とのこと。素晴らしい向上心…!



イベント終了後、出展者のみなさんとふり返り会をしました。
えこっ子フリマの店長さんたちからは、
「たくさん売れて楽しかった。」「服を買ってもらえて嬉しかった!」と感想をいただきました。

売るのは難しかったけれど、売れたときは嬉しかったとのことで、
ものを売ることを通して「ものを大事にしてほしい」という気持ちも芽生えたのではないでしょうか。

子どもたちに“ものを大切にする気持ち”を持ってもらう方法として
このようなイベントを開催することは、とても意味のあることだと感じましたし、
子どもたちが一生懸命取り組んでいる姿を見て、大人も学ぶことが多い1日でした。

子どもと一緒に大人も楽しく学べる「親子ぐるぐるフェス」
来年もいろんなブースをご用意して、みなさまにお会いできるのを楽しみにしております!

12月13日(木)「さむ〜い冬に繰り返し使える 小豆カイロ作り」を開催しました。

  • 2019.12.20 Friday
  • 11:45
12月13日(木)「さむ〜い冬に繰り返し使える 小豆カイロ作り」を開催しました。

講師として、女性の身体と環境にやさしい暮らしを実践しているUSAGIGUMO
さんに来ていただきました。

参加者は14名。ほぼ満員御礼でした!

あずきカイロは自然素材使用で、繰り返し使えるあずきカイロ。冬の強い味方です。

「肩を温める時は、あずきカイロが2つあると効果的です。肩の幅に合わせてタオルの上に置き、
 くるくると巻いて肩に乗せると、両肩が一度に温まりますよ!」

「アイピローのように、温めたあずきカイロを目の上に乗せると目の疲れが取れますよ」

「温めるとカイロになり、冷蔵庫で冷やすと保冷剤の代わりにもなるので、夏の暑い時期には
 冷蔵庫で冷やして、首や肩に乗せることもできます」

USAGIGUMOさんからのあずきカイロの使い方のお話を聞いた後は、早速、あずきカイロ作りをスタート。





まずは、カバーの生地を選びました。浴衣地のいくつかの柄があり、みなさんは真剣に
選んでいました。




講師の方がすでに生地を裁断してくださっていたので、あずき袋の生地を中表にして
L字型に縫う所からスタートしました。あずきの粒が、縫い目から出ないように気をつけて、
L字型に縫い終わったら表に返してあずきを入れました。そのあと、袋の口を縫ってとじます。




次に、あずき袋のカバー作りです。生地の両端を縫って表にかえしたらカバーの出来上がり!
カバーの中に、あずき袋を入れて完成です。






さっそく、完成したあずきカイロを電子レンジで40秒ほど温めて、肩に乗せてみたら・・・
じんわりと暖かくて気持ちいい!それに、レンジで温めると、あずきの香ばしい香りに包まれます。


続々とあずきカイロを完成させたみなさんが、肩や手先を温めていました。
2つ目を作る方もいました。


講座終了後も、あずきカイロの作成キットを購入される方や講師のUSAGIGUMOさんとお話される方がたくさんおられました。

あずきカイロを作りながらの参加者同士のお話も弾んだようで、
「楽しかったです〜」と笑顔で帰られる参加者のみなさんの姿が印象的でした。

≪参加者の声≫
・手作りで、わりと簡単にでき、やさしいあたたかさで、出来あがりにとっても満足しています。
 先生も笑顔で、ていねいにわかりやすく教えていただき、ありがたかったです。

・自然のもので、とても暖かく大満足でした。

・レンジでチンするだけで、何度も使え、肩こりや目の疲れにもきくのがいいです。

・手作りをあまりしないのですが、自分で作れて楽しかったです。

12月8日(日)自然工作「ビー玉ゲームを作ってあそぼう!」を開催しました

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 11:39
12月8日(日)自然工作「ビー玉ゲームを作ってあそぼう!」を開催しました★★

毎年夏と冬に開催している自然工作ですが、
今年も8月に実施した「豊中の竹で作る水でっぽう」に続き、2回目の開催です*

今回も“とよなか市民環境会議アジェンダ21”の自然部会と竹炭プロジェクトのみなさんを講師に迎え、
豊中産の竹や木を使って「ビー玉ゲーム」を作りました。

▼見本はコチラ


冬の星空と望遠鏡を背景に、ビー玉をはじいて遊ぶゲームです。
小さく切った竹にビー玉が入ると得点が入ります♪

▼作り方を見てみましょう

作り方はいたって簡単で、5歳のお子さんでも自分で考えて作ることができました(^^)

参加されたみなさんには、背景の色を好きなように塗っていただいて、
竹や木の配置も自分で考えていただきました♪





みなさんオリジナルの背景に仕上げていただきました、カラフルでとってもきれい!


受け皿になる竹や、ビー玉が当たる木をどこに置くかいっぱい悩んで
どこにビー玉が当るか何度も試して、納得のいくまで作り変えました(`_´)!


竹と木を一つずつボンドで接着させて


全体ができあがったら完成です♪

ボンドが乾いたら、さっそく遊んでみました!


なかなかビー玉が入りにくいところを高得点にしたり、あえて受け皿を難しい位置に置いたりなど、
みなさんそれぞれ楽しく遊ぶ工夫をされていました♪

作ったゲームは持って帰っていただきましたので、たくさん遊んでいただけると嬉しいです。
既に「お家でたくさん遊んでます!」という報告もいただきました☆

これまでも豊中産の竹でいろんなグッズやおもちゃを作ってきましたが、
今回は初めてゲームに生まれ変わりました*
竹は資材として多様に利用されていますが、アイデア次第で無限に使い道がありますね♪

子どもたちにも、自然工作を通してものづくりの楽しさを感じていただけていたら幸いです◎
それでは、また来年の開催をお楽しみに!!


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 5月20日(水)に新聞紙でエコバッグ作りを庄内公民館で開催しました
    たい (06/17)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM